(終了しました)テニュアトラック特任准教授・特任講師(年俸型)(2017年度採用)の公募

概要

 大阪市立大学(OCU)では、1名のテニュアトラック特任准教授・特任講師(年俸型)を国際公募いたします。このテニュアトラックポストに採用された若手研究者には独立した研究環境とスタートアップ資金などの支援が提供されます。採用後3年目に実施される中間評価または5年目の最終審査で基準を満たせば、常勤のテニュア(任期なし)ポストに移行します。OCUは、高水準の研究活動に意欲的に取り組まれている方の応募を期待しています。

Ⅰ.募集ポストの内容

 1. 募集人数・職位

 1名のテニュアトラック教員を募集します。職位はテニュアトラック特任准教授(年俸型)またはテニュアトラック特任講師(年俸型)です。

 2. 募集分野・所属

 下表に示す分野について、合計1名を募集します。テニュアトラック教員期間の所属は都市研究プラザとなりますが、研究・教育の実践においては文学研究科と連携して活動していただきます。

分野

研究・教育キーワード

所属部局/

連携部局

募集数

アーツマネジメント

(1)マネジメント、(2)文化政策、 (3)現代アート、(4)文化資源、 (5)社会的包摂、(6)資金調達、 (7)評価、(8)情報メディア

都市研究プラザ

文学研究科

1

 3. 応募資格

  • 博士学位を有する方(ただし応募締切時点で、学位取得から10年以内であること)。または修士学位を有しており、かつ、3年以内に博士学位の取得が見込める方。
  • 大学、研究機関、企業等で助教またはPDもしくはそれらに準じる職を経験しており、顕著な研究業績または実践実績を有することが望まれます。日本語能力は、テニュアトラック期間においては必須ではありませんが、テニュア移行の際には必要となります。

 4. 雇用条件

 (1)契約期間

 テニュアトラック教員としての着任日を始期とする有期雇用です。(単年度契約で、契約期間を通算して  最大5年まで更新可。)

 (2)給与

 テニュア教員(任期なし教員)の給与に準じて定められた年俸型テニュアトラック特任教員の年俸表に基づき、年俸額を決定し、当該年俸額を12等分して毎月支給します。(年俸表はテニュア教員の給与に準じて定められています。)年俸表の年俸額以外の手当として、通勤手当(定期乗車券代により支給。月55,000円上限。)が支給されます。退職金の支給はありません。

 (3)社会保険

 健康保険・厚生年金保険(公立学校共済組合)、雇用保険は、テニュア教員(任期なし教員)と同等です。

 【年俸額について】

  • 年俸額は、職位、学歴・経験年数に応じて採用時に決定された号給によって決まります。採用時に決定された号給は任期中変更されませんが、年1回の人事評価によって年俸表に明記された所定の基準により、増額又は減額改定されることがあります。
  • 採用初年度の年俸額(人事評価における標準額)は、次の範囲で、学歴・経験年数に応じて定められます。
     <テニュアトラック特任准教授(年俸型)> 666万~786万円/年
     <テニュアトラック特任講師(年俸型)>  606万~726万円/年
  • 年俸の計算期間は、毎年4月1日から翌年の3月31日となっているため、計算期間の途中で採用された場合、当該計算期間については、年俸額のうち在職期間に応じた部分のみが支給されます。
     <例:10月1日に採用され、年俸額が666万円と決定された場合>
    当該計算期間の在職期間が6か月間となるため、10月以降の6か月間について毎月55万5千円(年俸額を12等分した額)が支給され、当該年度の支給額は333万円となります。

 5. テニュアポストへの移行

 テニュアトラック教員としての任期は5年(延長なし)です。着任後3年目に中間評価、5年目に最終審査を実施し、優れた研究業績などの条件*を満たせばテニュア(任期なし)ポスト**に移行します(OCUはテニュアトラック教員全員分のテニュアポストを用意します)。最終審査の結果、テニュアポストに移行しないこととなった場合には、テニュアトラック教員としての任期が終了したときに教員としての身分を失うことになります。          

  *  テニュアポスト資格審査の方法・基準の概要は、
   http://www.otp.osaka-cu.ac.jp/wp-content/uploads/2016/09/guideline.pdf
   を参照して下さい。
  **テニュアポスト移行後の給与制度については、年俸制を適用することを検討しています。

 6. 研究環境

 テニュアトラック教員は独立した研究スペースやスタートアップ資金などが提供されます。テニュアトラック教員は将来テニュア教員に移行した際には教育を担うこととなりますので、テニュアトラック期間においても、専門分野に応じた連携部局において学部・大学院の講義・研究指導を行っていただきます。一方、運営業務は免除され、研究活動に対するエフォートが60%以上となることが保証されます。

 7. 勤務地

大阪市立大学 杉本キャンパス大阪市住吉区杉本3-3-138
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/university/access


 Ⅱ.
応募方法

  1. 応募書類

  下記の書類を、指定のある場合以外は英文で作成して下さい:
  (1) 応募申請書* (指定様式、Curriculum Vitae, List of Publications, etc.)
  (2) Summary of research contributions (up to 3 pages including figures)
  (3) Future research plan (up to 2 pages including figures)
  (4) 主要論文別刷(5編以内)
  (5) 推薦書(可能な場合)(和文も可)

  *  応募申請書の様式は下記URLからダウンロードして下さい:
   http://www.otp.osaka-cu.ac.jp/wp-content/uploads/2016/09/ApForm_J.doc
   http://www.otp.osaka-cu.ac.jp/wp-content/uploads/2016/09/ApForm_J.pdf

 2. 応募方法

 上記の(1)~(5)の書類を1つのpdfファイル(5MB以下)としてまとめて下記の送付先へE-mailにて送付して下さい。さらに、同一内容を印刷して郵送して下さい。なお、応募書類は返却いたしません。
※ 提出書類に記載された個人情報は、教員採用選考の資料としてのみ利用し、個人情報保護法に基づいて適正に取り扱います。

 【送付先】

〒558-8585
大阪市住吉区杉本3-3-138
大阪市立大学
テニュアトラック若手人材育成拠点
E-mail: tenure-track@ado.osaka-cu.ac.jp

 3. 応募期限

2016年11月30日(水)17:00(日本時間)。
E-mailによるpdfファイル、郵便による印刷版ともに必着。

 4. 選考スケジュール

  一次選考(書類選考):2016年12月~2017年1月上旬。
  二次選考(面接ほか):2017年1月中旬~2月上旬。
  ※ なお、面接等のために要する経費は、応募者の負担とします。
  着任時期:2017年4月1日以降の可能な限り早い時期。

 III. 問い合わせ先

 お問い合わせはE-mailにて、tenure-track@ado.osaka-cu.ac.jp あてにお送り願います。

. その他

  • 大阪市立大学は現在、大阪の新しい公立大学の実現を見据えて、大阪府立大学とこれまで以上に連携強化を図っていくこととしております。
  • 大阪市立大学は、男女共同参画を推進しています。